適切な値段を知る

住宅ローンを組む

土地売買の問題点について

土地売買をする場合に、いくつか問題が生じることがあります。土地所有者として土地を売却するときは土地を高値で売りたいという欲があるはずです。自分の土地なんだから高値で売ることができるはずだと思うのではないでしょうか。ですが、いざ売却をしてみると覆ったように売れない場合があります。そんなはずはないだろうと思ってもしばらく経っても売れないとすれば売主は焦ってきます。なぜなら、土地を売った経験がない場合、短期にしかも相場よりも高く売れると期待をしていたからです。では、土地売買が思ったように進まない理由にはどのようなことがあるのでしょうか。ひとつは相場よりも売値を高く設定してしまったことです。高値の場合はよほど魅力的な場所でないとなかなか売れません。

不動産会社の選び間違いや勘違いにより売れない理由

また、売り方を間違えているという点が挙げられます。土地売買をする場合には通常不動産会社を間に挟みますが、いざ売却をしようと思って不動産会社に依頼をしてもなかなか広告を出してくれない不動産会社もあいます。あまり動きが無かったり売り方が下手な場合は解約して別の不動産会社に依頼するべきです。もう一つは売主と買主の要望が食い違っている点です。売主は駅前の土地を持っていたとします。住宅用として土地売買をすればきっとその土地は売れるに違いないと思ってもいざ売ってみるとさっぱり売れない場合があります駅。駅前なんだから高値で売れるだろうと思っていても、買主は住宅地に建物を建てたいと思っている人が多いとすれば、事業用として売り直す必要があります。